2010年03月22日

南原充士詩集『タイムマシン幻想』

timemachine-genso.jpg南原充士さんが新しい詩集『タイムマシン幻想』を出した。わが洪水企画から2冊目。前の本が一昨年だったから、2年ぶりということになるか。今、多産な時期なのだそうで、その豊穣な勢いが本書にもよく現れているように思われる。「医学の発展」をテーマの一つとし、「タイムマシン」つまり歴史を自在に行き来するイマジネーションをもう一つのテーマとして、二十二篇の、物語風のフィクションを構造的に取り込んだ作品を収めている。ご自身のあとがきで「ショートショート風の雰囲気」ということを述べておられるが、そのようなものとして素直に楽しめる作品もあるし、詩として非常に力と魅力のあるものもあるし、人間の生命の問題を深く考えさせるものもあるし、とても多彩である。ぜひ手にとってご覧いただきたい。定価は1800円+税。(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: