2017年11月01日

野村喜和夫詩集『デジャヴュ街道』

野村喜和夫さんとは、11月4日に対談イベント(作曲家の篠田昌伸さんと野村さんとの。このブログの10月7日の項を参照)を共催する計画があって近ごろよくお話しする機会があり、このイベントで話題になるだろう、篠田さんが野村作品のテキストに作曲した三曲のうちの一つが詩集『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』(河出書房新社、240頁!)を題材にしているということなので、この詩集も最近読んだのだが、野村喜和夫という詩人は、詩の可能性についての考え深さや果敢にエロスの道を拓く四通八達の感性・志向は別にしても、言語エンジンが高性能で、統御力、駆動力、空間構築力が並外れているという印象が強くする。作り出される作品の柄の大きさは、あたかも巨大な建築を目の当たりにするようで、驚愕とともに茫然と見上げ、踏み込めば内部の迷宮に酔うことになる。
さて、今年六月に刊行された詩集『デジャヴュ街道』(思潮社、232頁!)だが、空に道が見えたという二十代の幻視に起源を持ち、その十数年後に「デジャヴュ街道」という詩が生まれ、さらに五十代の旅先で「空いちめんに多数多様な道の浮かび上がるのがみえた」という経験があって今度の詩集に収められた作品群が誕生してきたということらしい。直接うかがったところによると、金子光晴の足跡をたどるアジア各地への紀行が発想のベースにあるそうだ。どの作品も強靭なリズム、狼藉を働くとでも言いたくなる無法の生命の荒々しさでつねに躍動している。音楽的、と評したい面も多分にあり、ことに「炎熱街道」にはそれを強く感じ、書かれながら同時に作曲もなされているかのようで、この詩なら素人の私でも一晩で作曲できるのではないかとさえ思った。ランボーとともにニーチェへの言及的示唆も目立つのは、この詩の旅は生の価値の極限を問う旅だという意識があるからだろうか。
もう一篇、忘れ難いのは本の最終章にある「エデンホテル」だ。今年の名古屋での中日詩賞授賞式に訳あって参加することになったのだが、その中の講演の講師が野村さんで、一時間にわたってこの詩篇「エデンホテル」の成り立ちを説明するという話の構成だったので、作者の補足説明を含めたっぷりと深くこのテキストを読んだ気分になったのだった。イスラエルのガラリヤ湖の近くのホテルに泊まった実体験を元に書かれたとのことだが、前に進む旅ではなく省察が深く沈潜していくようで、現代の精神的荒廃も描写に刻印され、この詩集中の位置付けにおいても「旅の果て」の、最終的に生の意味を問う場所をなしているような印象がある。一部を引用する。

 エデンホテルに、ひとはだから、長くとどまるべきではない、
 地の底に沈み込むような、劣悪なベッドのうえで、
 数泊もしないうちに、私たちは、
 いうなれば、生の基底にまでふれてしまう、
 するとあらゆる言葉を、たとえ睦言であっても、
 遠く、湖を越えてゆく音のように聴く、

 「わたしが死ぬときには、蠅が窓から入ってきて、
 ぶーんと、暗い唸りをあげるの」

 心の内奥などというものは、もはや自律的には、
 蠅である、したがって滞在とは、
 私たちがすでに、使い回された実在であると知ること、
 にひとしい、イヴよ、
 たまらなくひとしい、
   (「エデンホテル」より。括弧内はエミリー・ディキンソンの引用)

(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年10月31日

作曲家の個展II 2017 一柳慧・湯浅譲二

サントリーホールにて開催された上記のコンサートを、昨日、人類学者の川田順造さんのお誘いとお計らいで聴くことができた。東京都交響楽団、杉山洋一指揮。ソリストは、木村かをり(Pf)、児玉桃(Pf)、成田達輝(Vn)、堤剛(Vc)。
曲目は、湯浅譲二作品が「ピアノ・コンチェルティーノ」(1994)、「クロノプラスティック II」(1999/2000)。前者はペールというか少し暗い色合いの響きに惹かれた。コンチェルティーノと聞くと明るい小品というイメージを安易に抱いてしまうが、その裏を行くような独特の重たさのある曲調で、プログラム解説にはショパン云々の記述もあったが、打楽器的なピアノの使い方も印象に残った。「クロノプラスティック II」は湯浅さんが若いころ強い影響を受けたエドガー・ヴァレーズへの讃美の曲で、湯浅さん独自の音の造型の至芸が顕現する。湯浅譲二という作曲家は(大多数の作曲家のように)単純な足し算だけでなく特別の演算を用いて音を綴るのだというのが私の持論だが(それがシュルレアリスティックにも聴こえるわけだが)、この曲もまさにそんな特徴が出ていて、瞬間から瞬間へなにがどう動くか、精妙に変幻するかわからないアモルファスな発展の軌跡をどきどきしながら聴いていた。たまたま二日前に下北沢の本屋B&Bでポール・ウィリアムズ著『フェリップ・K・ディックの世界』(河出書房新社)を手に入れていたのだが、ディックの小説もフィクションの枠組み自体がきしみ捻れていく感覚がある、それに似ていると言えるのかどうかわからないけれど、湯浅作品も尋常な音楽進行を超えた不思議に生命的な形態変化をしていく。それがタイトル「クロノプラスティック」の意味するところでもあるのだろう、一様でない時間進行の創造という……。
未完成の新作「ローカス・オブ・ジ・オーケストラ」の冒頭二分ほどの断片も演奏され、これも印象鮮烈だった。本当はこのコンサートではこの新作が演奏されるはずだったのだが、今年前半の病気のため完成させるのが不可能となり、「クロノプラスティック II」が演奏されたのだった。新作の継続制作と完成を期待したい。
一方、一柳慧作品は「ピアノ協奏曲第三番〈分水嶺〉」(1991)、「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」(2017、世界初演)の2曲。どちらも緻密に巧みに大小の枝ぶりよく組み上げられているように聴こえた。ジョン・ケージなどの影響を受け前衛をひたすら追求した若いころに比べて歳をとってからは自由に自然体で作曲するようになってきているとのことだったが、一柳慧初心者としては若いころの代表作、たとえば「ピアノ・メディア」なども同じステージで聴かせてもらって、そのライフキャリアを通じての大きな変化を知りたい気もした。しかしサントリーホールにこの日集った現代音楽通の聴衆はそんなことはイロハのイ、周知の基礎知識なのだろう。
これは川田さんから教示を受けたことだが、一柳さんは朝日新聞に今年6月19日から15回にわたって自伝的インタビュー記事(語る─人生の贈りもの─)を連載している。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:59| Comment(0) | 日記

2017年10月29日

『白石かずこ詩集成』出版記念会、『中原中也』刊行記念イベント

20171028siraisi.JPG昨日、詩人の白石かずこさんの『白石かずこ詩集成 I 』と『Sea, Land, Shadow』の出版記念会が第一ホテル東京(新橋)で開かれた。前者の本は書肆山田からの刊行で全三巻、今回の「I」は名高い『聖なる淫者の季節』も含み、第一詩集『卵のふる街』から第七詩集『紅葉する炎の15人の兄弟日本列島に休息すれば』までと初期の詩集未収録詩篇を収める。612頁、5500円+税(この種の全詩集の本としては手を伸ばしやすい有難い価格設定だろう)。「II」は来年2月、「III」は来年5月刊行予定とのこと。今は入手困難な詩集も多く、この詩人に深い関心をもつ人にとっては必携の書だろう。後者の本はニューヨークの出版社New Directions社から刊行された、第四冊目の英訳詩集。タイトル作「海・陸・影」は2011年に書かれた、大震災にちなんだ長い詩で、この日もサックスの梅津和時さんの演奏とともに力強く朗読された。生命の高い波立ち、真直ぐで強い精神力は健在。司会は高橋睦郎氏で、時代を共に歩いてきた詩人たち、親しく交わった友人たちが祝いのスピーチを披露した。なかでも、自分はテキストに全力集中する碑(いしぶみ)派だが白石さんはパフォーマンス派の巨頭だという安藤元雄さんの話は詩人のあり方を考える上で示唆に富むものだった。

会終了後、佐々木幹郎さんに誘われ、下北沢の本屋B&Bへ。この夜ここで佐々木さんの新著『中原中也 沈黙の音楽』(岩波新書)の刊行を記念しての、佐々木さんと蜂飼耳さんの公開対談が開催されることになっていたのだった。本書中でも多くの紙数を費やして読解されている「サーカス」について、あれやこれやの視点から熱く討論され、描かれるイメージの現実の枠組みをこえた抽象度の高さが指摘されたのだが、そこでなぜかパウル・クレーの絵が連想された(クレーの作品も音楽性豊かだ)。さらにこの詩が音楽化された2ヴァージョン、すなわち小室等フォークソング作品と合唱オペラ「中也!」(佐々木幹郎・台本、西村朗・作曲)中の該当部分を聴き比べるという興味深いアプローチもなされ、この夜のハイライトの時間をつくった。中也関係の写真資料をスライドで映しながらの話も種がつきず、2時間では短すぎる、夜を徹してやってほしいという声もあった。総じて、中原中也の詩の音楽性という点にすべてが収斂していく構図は本の主旨と合致し、なにをどう考えていっても草野心平のいうところの「幼子の歌心」につながっていくという趣があった。
このB&B(bookとbeerと、という意味らしい)という本屋は裏通りの目立たないところの2階にある小さいスペースの店だが、品揃えは瞠目すべきもので、棚を眺めながら店内を歩いているだけで精神が清々しく刷新される思いがする、おみごとの仕事ぶり、店主の寺島さんの眼力がしのばれる。この晩のようなイベントも頻繁に行われているようで、是非一度訪れていただきたい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 20:36| Comment(0) | 日記

2017年10月27日

しかし満天の星だった

昨日は夕方に山本萠さんの個展を訪れる。詩人だが絵も書も創作する方で毎年自作の絵と詩のフレーズを配したカレンダーを作る、その2017年版原画展。今年はクレパス画で、少女?を描いて印象的な「青衣のひと」はもう売約済の印が打ってあった。山本さんは「詩素」にも参加しているので、できたばかりの3号の話をいろいろとする。会場のNMCギャラリーは小川駅から徒歩数分のところにあるが、この小川駅は国分寺駅から西武国分寺線で三駅目。この界隈は初めて来る。関東圏は広いから五十年住んだとしてもまだ知らない場所がたくさんあるのだろう。会期は今月31日まで。
この夜は次に、杉並公会堂小ホールで開かれた、「洪水」20号でインタビューしたパーカッショニストの會田瑞樹さんのソロリサイタルを聴く。多彩な性格の七曲を混乱なく冷静にあざやかに弾き分け、曲間のステージ準備もすべて自分一人でやるという若々しさ。プログラムは、山根明季子「glittering pattern #2」(単純な方法による差異の創出)、清水一徹「Camera obscura」(ノイズを混ぜ込む果敢さ)、稲森安太己「Blumenstrauss ~花束~」(撥で花束を作るパフォーマンスに呆気にとられる)、薮田翔一「Billow II」(勢いあり)、権代敦彦「光のヴァイブレーション」(音楽の意志の強靭な重さはこの演奏会随一)。そして湯浅譲二「ヴァイブ・ローカス」と間宮芳生「Music for Vibraphone and Marimba」は大ベテランらしい、バランスのとれた中での、細やかな芸の組織化で、前者はヴァイオリンの弓で鍵盤をこすって音を出す始まりが印象的、後者は岐阜の民謡「雨乞歌」を題材にしていた。
帰り道、最寄り駅から家へ原付を走らせていたら途中で故障、止まってしまい、残りの長い道のりを引いて歩かなければならなかった。とんだ災難。身体がたがた。しかし満天の星、ここ数十年見ることのなかった、無数の星が光るみごとな夜空だった。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 21:42| Comment(0) | 日記

2017年10月26日

「詩素」3号

siso3cover.jpg「詩素」3号が完成した。今号の参加者は、海埜今日子、小島きみ子、坂多瑩子、酒見直子、沢聖子、菅井敏文、大家正志、たなかあきみつ、南原充士、二条千河、野田新五、八覚正大、平井達也、平野晴子、南川優子、山中真知子、山本萠、吉田義昭のみなさんと、小生。座談会ゲストに甲田四郎、長嶋南子の両氏、〈まれびと〉に嶋岡晨さんをお迎えした。巻頭トップは小島きみ子さんの「(五百回忌のbaby blue)」。定価500円。洪水企画までご注文下さい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:16| Comment(0) | 日記

2017年10月18日

高橋アキ/ピアノリサイタル2017

上記演奏会を昨日、豊洲シビックセンターホールにて聴いた。曲目は、シューベルト「12のドイツ舞曲」「3つのピアノ曲(即興曲・遺作)」、モートン・フェルドマン「ピアノ」、尹伊桑「インタールディウムA」。
シューベルトの即興曲は、出だしのドラマティックな部分がとても印象的だが、三曲とも構成が思慮深く工夫を凝らしていて、そこを比較的ちゃんと聴けたように感じられ嬉しかった。たとえば二曲目は、上機嫌で上品な調べで始まり、不機嫌な曲調に転じ激しく荒れ、奇妙な悲しみの情調が来て、また冒頭の気品を帯びた調べが帰ってきて、といった具合に短い曲ながら多様な構成要素が入り組んだ形でできている。一曲目も、裏打ちが特徴的な三曲目もそう。
フェルドマン「ピアノ」は、この作曲家らしい、ぽつんぽつんという音のいたって不規則な布置が長時間続く曲。聴覚に広がる宇宙空間の隅々にまで自分が必要と感じる数の星を象嵌しないうちはやまないという責任感?あるいは追求心?がずしんと居座るのが感じられる。作曲家には星座とその物語まで見えているのかもしれない。「五線を六段使って、3つのパートが同時進行する箇所もある」とチラシの曲目解説には書かれている。
尹伊桑「インタールディウムA」は作曲家がこのピアニストに献呈した曲とのことで、重低音の強烈な響きで始まり、クライマックスの部分は超絶技巧的に両手が動き、寄せてくる音の大波が三次元のあらゆる方向に刻々微妙に形を変える一連。難曲にちがいないが聴きごたえ、いや浴びごたえがある。タイトルの「A」とは「Aki」のことでもあり、主要音「A」のことでもあるとの説明。作曲家によれば「情熱の嵐と繊細な愛情」が表現されているという。
このホールのピアノはファツィオリ(Fazioli)というイタリアのメーカーのもので、きらびやかな韻きがし、細く鋭い音の線を引くように思った。音像が繊細明晰で、とくに後半のフェルドマン、尹伊桑の曲では音数の少ないところなど周波数までわかりそうなくらいクリアに、しかし高貴な美しさで聴こえた。倍音の整理の仕方に独特なものがあるのだろうか。
このホールのステージの背後の壁はガラスになっていて外が眺められるようで、薄いカーテンが引いてあったが周囲のビルの光などが入ってきていて驚きだった。
さて高橋アキさんは6月にビートルズの曲をいろんな作曲家がアレンジした『高橋アキ|プレイズ|ハイパー・ビートルズ』というCDを出している。1990年頃のプロジェクトの再録音とのこと。収録曲は「ノルウェーの森」、「ゴールデン・スランバー」、「ミシェル」など15曲。幅広い音楽の芸が楽しめる。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:37| Comment(0) | 日記

2017年10月07日

対談イベント 野村喜和夫×篠田昌伸

地面にどんぐりが転がる季節となりましたがみなさまご健勝でおすごしでしょうか。さて先日予告しました対談企画の詳細を告知いたします。お気軽にご参加いただければ幸いです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

洪水企画&エルスール財団共同企画トークイベント
野村喜和夫とアーティストたち@
野村喜和夫×篠田昌伸
〈詩と音楽のあいだ〉をめぐって

野村喜和夫の『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』をはじめ、しばしば現代詩を作曲に取り上げる作曲家篠田昌伸氏を迎え、「詩と音楽のあいだ」をめぐって、また両者のコラボレーションの可能性について、語り合います。

日時:2017年11月4日(土曜日)
15:00〜17:00 (14:30開場)
場所:ブックカフェ「エル・スール」(詩とダンスのミュージアム内)
(世田谷区羽根木1−5−10)
入場料:2500円(+1drink order)
申し込み方法:メールまたは電話で。
エルスール財団
03−3325−5668
info@elsurfoundation.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:37| Comment(0) | 日記

2017年10月06日

いよいよ激し

「エル」(ポール・バーホーベン監督)という映画が評判になっていたので秋口に観たのだが、異常な性の領域に思い切って踏み込んでいることに肝を潰すと同時に、老境の監督がこうした過激にSEX極に傾いた作品を撮った例としてスタンリー・キューブリックの「アイズ・ワイド・シャット」が思い浮かび、一つの傾向が太く存在するのだろうかと考えた。鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」以下三部作も幻想的性愛の海に腰まで浸かっていて、それ以前の作品とやや違う。年を取ることで箍がうまい具合に自然に外れ、品行方正や良識なるものに頓着しなくなり、欲望の赴く果てを見てみたいと思うようになるのか。
そういえばと、読みそこねていたのを今回読んだのだが、谷崎潤一郎の激辛な「鍵」や奇矯至極の「瘋癲老人日記」もすさまじい(描き込まれている昭和三十年代前半の風俗・生活文化も面白い)。ほどよく枯れて石庭的境地に至る老境も望ましいのかもしれないが、人間精神が最後のメタモルフォシスを果して虹色に炸裂する最晩年も甚だ刺激的だ。
この春から秋にかけてテレビドラマ「やすらぎの郷」(倉本聰脚本)も世間をにぎわせたが、老いて弱るは当り前すぎて淋しいから、「老いていよいよ激し」を変り種の美徳と考えたい思いがどこかにある。親鸞もあっと驚く潤一郎浄土も二十世紀の文学的発明だ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 11:46| Comment(0) | 日記

2017年10月02日

杉中雅子歌集『ザ★カ・ゾ・ク II』

thakazoku2.jpg杉中雅子さんの第二歌集『ザ★カ・ゾ・ク II』が洪水企画から刊行された(本体1800円+税)。第一歌集『ザ★カ・ゾ・ク』の内容を引き継ぐという意味でこの命名となった。装幀デザインも色鉛筆をモチーフにしている点が共通する。
第一歌集の流れに沿い、両親、夫、子供たちと孫、祖母、伯母や叔父など家族の人々に対する様々な形の愛情が率直に歌われて短歌として結晶する──それを基軸として、そこにさらに大震災の報道や環境問題や戦争への思いが流れ込んで視野の深化をもたらしており、言葉を通じ、また短歌への愛を通じて家族が世界とつながるという、成熟した歌人の精神の境地がここにはあるように思われる。
「洪水」5号に発表された連作「異空間」が巻頭に置かれていて印象深い。

 茶臼岳にかかれる雲は波たちて吹き来る風はわが肌を刺す
 空中につり下げられし吊橋に命あずけて一歩踏み出す
 吊橋を踏みしめ渡る目交の裸木こぞりてわれにせまり来
 行き違う折しも橋の揺れに揺れ放り出される心地こそすれ
 いつまでも揺れの止まらぬ吊橋に彼岸の母の笑み浮かびくる
 足元の浮き立つ橋にわれありき対岸の滝とうとうと墜つ
 吊橋のすき間より見ゆ渓谷の流れしぶけり岩にくだけて
 橋の揺れにわが身任せる異空間に冬のむら雲張り付きいたり

日常の安穏を離れた不安な心象が映り込んでいる。
家族を詠んだものとしては、

 十二歳に父の買いくれしピアノなり居間の隅にてわれを見守る
 カステラの木箱も古りぬ折ふしに開けて読みおり母からの手紙
 「なあ〜んも、のうなったけん、できたんよ」広島復興を祖母はしみじみ

などがある。三首目は広島の被爆にからんでいてことに印象に残る。
この本はまた、洪水企画が発行だけでなく発売もする第一号の書籍となった(これまでは草場書房に発売をお願いしていた)。そのことも小社としては非常に意義深い。ちなみにISBNは978-4-909385-00-0となっている。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:03| Comment(0) | 日記

2017年10月01日

文と音のセッション

昨日の午後、「朗読&音楽パフォーマンス 野村喜和夫×港大尋」に参加した。場所は、世田谷区の〈詩とダンスのミュージアム〉(野村さんがご自宅を改装して作った、ご夫妻の活動の記念館)。二十余名の観客。
野村さんの新詩集『デジャヴュ街道』(思潮社)発刊記念の会ということで、この中から幾篇か朗読し、ギターとパーカッションの港さん(いつもはピアノとのこと)とお仲間のギターのサワさんが音楽をつけるという形。音楽は厳密にはなにか専門的な言い方があるかもしれないが印象をひと言で言うなら、フリージャズをさらにゆったりと開放的にやった感じか。
「アピアピ街道」という詩に出てくる「アピ」とはマレーシア語で「炎の木」の意味だとか、「ウル街道」に出てくる「馬頭」にはフランス語の「バトー」つまり「舟」(ランボーの「酔いどれ舟」から連想)とも意味を重ねているとか、この詩集を読むためのヒントがいろいろと語られ興味深かった。「オルガスムス屋、かく語りき」は読む過程ではさあっと滑るように読んでしまいがちだが、朗読を聴くと(ハード・ロックのアグレシブな演奏を思わせる)情動の発露の迫力に満ちたものだった。
この詩集についてはまた改めて書きたい。
それから、これは計画がほぼ決定になっているので予告するが、来月、作曲家の篠田昌伸さんをこのミュージアムに招いて野村さんと対談をしてもらい、新雑誌「みらいらん」創刊号に収録しようということになった。お二人は野村さんの詩を篠田さんが何作か作曲しているという間柄で新たなコラボ作品の発表も数ヶ月後に控えているそう。詳細が決まったらこの対談イベントについても改めて告知いたします。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 15:48| Comment(0) | 日記